建設キャリアアップシステム利用によるメリット

建設キャリアアップシステムの目的は、現場経験や保有資格が業界統一のルールでシステムに蓄積されることから、十分な経験を積み、技能の向上に努める技能者が適正に評価され、それを通じて処遇の改善につながる環境を整えていくことです。

技能者のメリット

▶自身の建設業界にて、積んできた実績を客観的に証明することができ、処遇改善につなげることができる。

▶ 建設業退職金共済制度との情報共有により、自身の証紙の貼り付け状況が容易に確認できる。

▶ キャリア評価制度は、客観的に4段階のレベルで評価されているため、更なる技能向上の励みになる。

事業者のメリット

▷雇用する技能者の水準を客観的に把握することができる。

▷ 自社の技能者のレベルを上げることによって、優秀な技能集団であることをアピールできる。

▷ システムを利用することで、社会保険の加入状況や資格の取得情報の確認が容易になり、書類作成などと連携することで事務効率や現場管理の効率がアップする。

技能者の処遇改善

現場管理の効率化

シェアしてね!